2013年11月13日

国産材アコギ教室 F裏板接着準備

サイドの補強材(ヒノキ)を4本ずつ入れてもらいました。
ライニングの上面を専用のサンディング治具で裏板にフィットするように均す作業と、裏板の横バーの端が納まるポケットの加工は私が行ないました。これでボディはほぼ完成です。Xブレイスの交点上にはソモギ氏に倣って連結板を貼りました。

craftm_OS2_bbg.JPG


裏板はミズメザクラです。ずっしりと重い材料で、叩くと独特の音がします。今回の音作りを考慮して厚みは約3.5mmにしました。
センターの接ぎ止め、補強バーはヒノキです。下の写真、鏝鑿(こてのみ)を使っているのは生徒さんです。左利きでいらっしゃいます。
なお、裏板の横バー端のカット位置は極めて重要です。ボディ横板が表面板に対して垂直になるように、その位置を決めなければなりません。これがまずいと、完成したギターが不格好にみえるおそれがあります。
craftm_OS2_bbc.JPG


センターの接ぎ止めの上・下部をボディに合わせてカットします。その墨付け方法は、ヒールの角とエンドブロックの角に6B鉛筆の粉を付けてから裏板を押さえ付けるとOKです。
あとは横バーにニスを塗れば完成です。次回はいよいよギターが箱になりますよ。
craftm_OS2_bcp.JPG

今回のバインディングです。
桑の木を切り出して、これに黒の突き板を貼ってバインディングとします。写真は黒の突き板を接着して保持しているところです。今回から「新方式!」の導入です。糊づけした突き板どうしを向い合せにして綿テープできつく巻きます。つまり2本同時に出来あがります。従来の洗濯バサミ方式だと、一本づつしかできないのと、突き板に型が付く懸念がありましたが、それが一挙に解消されました。なお、向い合せにするときマスキングテープをかましてお互いがくっつかないようにします。
craftm_OS2_gbd.JPG





ラベル:バック
posted by maru at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。