2013年08月16日

国産材アコギ教室 Aトップ・バック・ネック

製材したトップとバックを接いで(はいで)ボディ形状に切り抜きました。
百年杉というトップにはXブレイスを接着しました。トップはかなり厚めにしています。
バックのミズメザクラは赤身の柾だけを使いたかったので4枚接ぎとなりました。

▼トップのブレイシングは木曽ヒノキの建具材です。
craftm_OS2_tpx.jpg


▼ネック材料は、この中から選択あるいは組み合わせます。大台山系のヒノキです。
  これも赤身の柾、前の2本はどんな所で育ったのか極めて年輪が細かいです。
  木目もさることながら、いい香りがします。
craftm_OS2_soz.jpg







posted by maru at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 響板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

国産材アコギ教室 Bブレイシング

Xブレイスとブリッジ裏のプレートは先に接着して成形もしておきます。
そのあと、ゴーバーデッキでトーンバーを一挙に接着していきます。この段階ではバーは角材のままです。ブレイシング材はすべて木曽ヒノキ。
craftm_OS2_brgl.jpg


▼接着できたら、バーを成形していきます。使う道具は反り鉋とノミ。
トーンバーは3本。スキャロップの形や山と谷の位置は私の「勘」ですが、こういうものは自分なりの理由があればそれでOKだと思っています。
かなり逞しい音になってきました。スプルースよりモノトーンな感じかな。もう少しブレイシングを削りますが、この感じだとトップ板ももう少し薄くできるかもしれません。

craftm_OS2_mktn.jpg




posted by maru at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 響板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

クラギコース Aロゼッタと音叉共鳴箱

クラギコースの久しぶりの投稿です。

ちょっと寄り道。生徒さんの希望で音叉の共鳴箱を作りました。
写真のはローズウッド製ですが、スパニッシュシーダ材(セドロ)でも作りました。
箱の長辺内寸は、A=440Hzの1/4波長である210mmとして、片側を開放にします。で、この写真のように反対側にも少し開口を設けるとより音が大きくなることを生徒さんとの実験で確認しました。

▼音叉は、日本音叉製の手工品。質感はもとより減衰までの持続時間もすごく長くて高価だけのことはあります。音叉の台はメイプル材から旋盤で手作りしました。箱は生徒さんの練習も兼ねて、パミスで目止めしてセラックでフレンチポリッシングしました。
craftm_onbo.JPG


ギターのほうは、ロゼットが完成してからしばらく吊るしてありました。今日、タップしてみるとガラっと音が変わっていたので驚きました。なかなかいい感じです。ブレイシングは次回以降ですが、ちょっと工夫を凝らしています。
▼周囲の黄色とオレンジのリングも無垢材を切り出して象嵌しています。それぞれアマレロ、プトゥムジュです。
craftm_onrs4 (2).jpg








posted by maru at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 響板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。