2015年11月29日

ウクレレ製作教室(4)完成

花梨バール(瘤材)のブリッジを接着して、カーボン製のナット(ゼロフレット有り仕様なので役目は弦のガイドですが)と牛骨のサドルを作って、糸巻きをつけて、完成しました。

▼ストローク時のガード用にスポルテッド(黴が浸透している)の栃板を貼りました。ハイポジのフレットが途中からなのはストローク時の爪をいたわるためです。なお、フレットは真鍮製です。金色に見えるかな?
PB280413.jpg


▼ドレッドノート型のボディ。
PB280406.jpg

▼トップは一枚板ののジャーマンスプルースで、高音側に木目が詰んでいるほうをもってきています。ブリッジはカリンの瘤(こぶ)材。トップのみシェラックニス仕上げ、あとはニトロセルロースラッカー。
PB280411.jpg

▼ネックはホンマホ。ヒールキャップはスネークウッド。裏板のセンター飾りはチューリップウッド。そしてバインディングは屋久杉。
PB280445.jpg

▼ゼロフレット有りの仕様。弦はソリッドカーボンで作ったガイドで導かれます。
PB280421.jpg


▼指板の周囲はカーリーコアでバインディングされています。
PB280424.jpg

▼サイドバックはアフリカブラックウッド(グラナディーラ)、指板とヘッドプレートも同材です。
PB280432.jpg
PB280438.jpg


▼ペグはGotoh製のアコギ用を使用。
PB280419.jpg

P5270303.jpg


さて音ですが、経年と弾きこみによって徐々に鳴ってくるようにとの製作意図がありましたが、弦を張るや否や華々しく鳴ります。ただこの豪華仕様にふさわしい味わい乃至は気品からは決して逸脱していないようで生徒さんも自分も安堵しています。



posted by maru at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ナット・サドルと調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。