2015年11月06日

ウクレレ製作教室(3)塗装

塗装工程です。生徒さんの希望は以下のとおりです、
1.トップはシェラックニスのフレンチポリッシング。ドイツ松の白さを際立たせるために、最高度に脱蝋・脱色したものを使用。
2.トップ以外はニトロセルロースラッカーのスプレー吹き。グロスではなく、マット仕上げ。
なおラッカーの場合、サンディングシーラーとラッカー用のプライマーコートを行った後、上塗りをしました、
以下の写真、ほぼ塗装は完了して乾燥中の状態です。

▼ボディのバインディングは屋久杉、フレットボードのバインディングはハワイアンコア
PB060354.jpg

▼フレットワイヤーはブラス(真鍮)です。
PB060347.jpg

▼サイドバック材はアフリカブラックウッド(グラナディーラ)、ヒールキャップはスネークウッド。PB060337.jpg
▼スロッテッドヘッドのプレートもグラナディーラ
PB060341.jpg

PB060368.jpg
▼後日紹介しますが、このボディにカリン瘤(こぶ)材の駒がつきます。テナーウクレレです。
PB060340.jpg



posted by maru at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕上げ・塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。