2013年12月22日

国産材アコギ教室I ネック削り等

ネックは大台産ヒノキの柾です。
際(キワ)鉋で指板とツライチになるようにネックサイドを削ってから、所望するネック厚みの墨をつけて、平面を確認しながらキワ鉋で削ります。これで厚みのでた四角いネックができあがります。

そのあと西洋南京鉋であらかた角をおとしてから、小刀と生反りで削っていきます。今回は断面C型にしました。ヒノキはマホガニーに比べてねばっこいので刃物がギュっと締められる感じがします。

そして、よく目立てをしたスクレーパで滑らかに成型して、最後はサンドペーパーで仕上げます。

▼スクレーパの段階がおわったところ
craftm_OS2_nkohnk.jpg

▼トップは智頭の百年杉、指板はイスノキ、フレットは真鍮、ロゼッタは桑、
 同じく桑のブリッジ(レフティ仕様)はピンで仮付けしています 
craftm_OS2_tpwbdg.jpg


▼サイド・バックはミズメザクラの柾です
craftm_OS2_bkomz.jpg




posted by maru at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ネック・ヘッドの加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。