2013年09月15日

国産材アコギ教室 Cネック作り

ネック材はヒノキの四方柾を使っています。
への字にスカーフジョイントして、カーボンロッドとトラスロッドの溝をテーブルソーで加工してエポキシ(z-poxy)で埋め込みました。トラスロッドはカエデ材でフタをしています。
ヘッドプレートは口輪に使ったのと同じ桑の木です。これをブックマッチで接いで黒薄板をサンドイッチしてヘッドに貼りました。

▼ヘッド上部に生徒さんデザインのアバロンのインレイを入れました。写真は、それをエポキシで埋め込んでクラフトテープを貼った当て木(エポキシでもくっつかない)で押えているところです。ネック下部にはネック材を積層して作ったヒールブロックを接着しています。
うしろあるのは、このギター用のベンディングマシンのモールドです。30mm厚のシナランバーコア材を何枚か重ねてバンドソーで切り出しました。切り出した残りの部分はそのまま組み立て時の外枠になります。
craftm_OS2_ilhd.jpg




posted by maru at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ネック・ヘッドの加工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。