2013年08月31日

国産材アコギ教室 Bブレイシング

Xブレイスとブリッジ裏のプレートは先に接着して成形もしておきます。
そのあと、ゴーバーデッキでトーンバーを一挙に接着していきます。この段階ではバーは角材のままです。ブレイシング材はすべて木曽ヒノキ。
craftm_OS2_brgl.jpg


▼接着できたら、バーを成形していきます。使う道具は反り鉋とノミ。
トーンバーは3本。スキャロップの形や山と谷の位置は私の「勘」ですが、こういうものは自分なりの理由があればそれでOKだと思っています。
かなり逞しい音になってきました。スプルースよりモノトーンな感じかな。もう少しブレイシングを削りますが、この感じだとトップ板ももう少し薄くできるかもしれません。

craftm_OS2_mktn.jpg




posted by maru at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 響板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。