2013年07月20日

アコギコース @設計

OSさん、処女作が完成したと同時に第二作目に挑戦です。
オール国産材の640mmスケールです。もう2作目なので私の実作業量を少し減らそうと目論んでいます。

二人で全体図を仕上げました(下図)。1作目のトリプルオーを少し腰の位置を下げて全体的にグラマラスにしました。全幅は500mm。
さて、OSさんが選択した材料は以下のとおりです。
 トップ : 日本杉(山陰地方産)
 サイド・バック : ミズメザクラ柾〜追い柾
 ネック : ヒノキ柾(大台ケ原産)
 指板 : イスノキ(ユス=柞 とも云う) ・・ 日本で最も重い
 ブリッジ : イスノキ or ヤマグワ or ミズメ
 バインディング : ヤマグワ
 内部材 : 木曽ヒノキ柾
昨年、この杉を使ってライアーを作ったことがあるのですが、とても良い響きをしていたのを思い出します。
ヒノキのネック? と首をかしげるには及びません。目の詰んだ柾目材なら強度ではアフリカマホガニーやセドロに比肩しますし、狂いにくさでは遥かにしのぎます。もちろんカーボンロッドも仕込みます。音は? こればっかりは。

no20719.jpg



posted by maru at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 構想・材料準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。