2013年07月12日

クラギ教室 French Polishing

アコギに続いてクラギコースのほうも塗装に入っています。

塗装手順は目止めも含めてアコギと全く同じです。ニスはブロンズセラックにサンダラックとマスティックスを添加して更に今回はもうひとつ秘薬(今のところ内緒)を加えました。

写真はまさにタンポ摺りを開始したところです。きちんと下地ができていると数分でこの状態になります。バインディングのサッチーネはエポキシ目止めをしているにもかかわらずニスをかけると赤色が滲むのでパーフリングの白がそれに染まらないように気を遣いました。なお、Z-POXYによる目止めは3回おこないました。

▼広めのバインディング、赤白のパーフリングが茶系のローズによく映えていると思いますが、いかがでしょうか。私ではなく、生徒さんのセンスです。ちらっと見えているヒールキャップはジリコテですが、これにもちょっとオシャレしています。いずれ公開します。
早くもヌメっとした光沢感があるのは前記秘薬の影響と思っています。2本の蛍光灯が真っ直ぐです。
craftm_ONC_fp.JPG







posted by maru at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕上げ・塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。