2013年06月27日

ウクレレ教室 完成!

艶消しのニトロセルロースラッカーをスプレーして、ペグを取り付けて、弦を張って、ナットとサドルを調整すれば、完成です。
もとは全音製のソプラノウクレレキットですが、出来あがりはご覧のようにオリジナリティあふれる仕様となりました。
結局、キットのパーツを使ったのはトップとサイド・バックとネックとブレイシング材ぐらいです。
<教室オリジナルの内訳>
1.縞黒檀の指板
2.貝を組み合わせたロゼッタ(口輪飾り)
3.ハカランダのバインディングと赤・白ラインのパーフリング
4.ホンジュラスローズのヘッドプレートとチューリップの木象嵌(パロサント材)
5.象牙のサドルと牛骨・パロサント貼り合わせのナット
6.カリマンタンエボニーのブリッジ
7.Groverのギヤー式ペグ

これを作るまでは、ウクレレには全く疎かったのですが、クラギ教室に来ているO氏が実はウクレレ作家で、ウクレレには精通されているのでお陰さまで私も生徒さんもいっぱい勉強できました。彼からは知識だけではなく材料もたくさん提供していただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。
弦もO氏がチョイスしてくれたフロロカーボン(釣り糸)を張りました。その結果、この小さなボディから堂々とした豊かな響きがしました。

▼このピンクのケースにピッタリでした
craftm_NU_fn.JPG


▼ヘッドのインレイが印象的ですね。もちろん生徒さんのデザインです。ナットは牛骨とインレイにも使ったパロサントを貼り合わせています。
craftm_NU_hd.JPG

これまでのように、「ウクレレなのに・・・だね」という評価はもうしたくありませんし、それは当たらないと思います。ギターとはまた別の芸術分野だということが改めて分かりました。
これを機に、工房でも各種ウクレレをレパートリーに入れることに決めました。

最後になりましたが、生徒のNさん長い間どうもお疲れまでした。Nさんには各工程での手作業・機械作業をすべて経験していただきました。実に積極的にそして熱心に ・・・。
次の作品は? 楽しみにしてますね。またよろしくお願いいたします。



posted by maru at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ナット・サドルと調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丸山先生、Nさん、お疲れ様でした。
力作のSopuranoレレちゃん、、、素晴らしいです。自分のクラギが完成した暁にはセッションしましょう、、、楽しみにしております。
Posted by クラギ製作コースのOです。 at 2013年06月28日 13:07
クラギ製作コースのOさん、
今回はたいへんお世話になりました。レレの面白さと奥深さを教わりました。
クラギのほうも、もうひといきですね。これまた楽しみです。セッションもね。

Posted by maru at 2013年06月28日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367680395

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。