2013年06月16日

アコギ教室 塗装開始

前回の記事で紹介したネック仕込みの調整にかなりの時間をかけましたが、ようやく終わったのでいよいよ塗装工程に入ります。
このギターは、オールセラックニスで仕上げます。ただ塗膜の厚みは私のクラシックギターに比べるとかなり厚くする計画です。
せっかくネックとボディが分離しているので、それを活かした塗装工程にします。

・木地調整(サンディング)
トップとネック : #240→水拭き→#400→水拭き→#600(全て空研ぎ)
サイド・バック: スクレーピング→#240→水拭き→#400(全て空研ぎ)

・下地
トップ : ブロンズセラックの刷毛塗り
ネック : 同上のあとすぐにパミス+アルコールによる目止め
サイド・バック・ヘッドプレート : フィニッシングレジン(Z-POXY)で目止め

なお、ハカランダのブリッジはオイル+ワックス仕上げとしました。

▼トップにはセラックニスが、サイド・バックにはエポキシが塗られています
craftm_OS_tpf.JPG


▼塗装中のネックとエポキシ目止め用具 Z-POXYの型番はPT-40
craftm_OS_nkf.JPG

このあとの本塗装は次回で。






posted by maru at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕上げ・塗装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。