2013年05月16日

ウクレレ教室 バインディング

キットにはもともとバインディングやパーフリングはありませんが、せっかくなので、また勉強のために付けましょうということになりました。
工房lにハカランダの端材があったのでこれを切り出してバインディング用に、またパーフリングは口輪とお揃いで赤と白のラインにしました。
バインディング材の製材こそ私が行いましたが、ベンディングアイロンでの曲げ作業は生徒さん(女性)です。

写真は、マスキングテープでのフィッティングリハーサルをしているとことです。この段階でバインディングやパーフリングと本体との隙間が皆無であることを確認します。

ヘッドの化粧板もキットにはありませんが、写真のようにホンジュラスローズの薄板に生徒さんデザインのチューリップのロゴを象嵌して貼り付けました。象嵌に使用したのはパロサントです。

特製の黒檀の指板ともあいまって、キットとは思えないかなりゴージャスな楽器となります。

P1080530.jpg




posted by maru at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 組み立て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/361604124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。