2013年02月02日

裏板接着準備

横板の裏板を貼る側にライニングを接着しました。
そのライニングに裏板の横バーが納まる溝を加工してから、ライニングの上面を裏板のドーム形状にピタっと合うように、削ったりサンディングしたりして入念に調整します。特にネックヒールの「ベロ」の部分の高さ調整には気を遣います。裏板の膨らみに合致してないと完成してから凹凸が必ず現れます。

今回のライニング材は、鋸目が接着側にくるリバースタイプのものを使いました。材はホンジュラスマホガニー。
リバースタイプの場合はあとで行うバインディング溝の深さが浅くて済むメリット(私はそう思う)があります。それと、裏板の補強バーが入る溝を加工するのも楽で、はみ出た接着剤の処理も楽です。とはいうものの、自分は鋸目のないライニングがベストと思っています。

裏板には、バーを4本入れました。これは目指すを音を考慮してのことです。裏板の厚みも考慮しました。
裏板センターの接ぎ補強には紅いサッチーネを幅広めで貼っています。狙いは、サウンドホールから覗いたときのインパクトです。なのでラベルもこの木の上には貼らないでおくつもりです。

さあ、次回の教室では箱になりそうです。

craftm_ON_pbg.JPG






posted by maru at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 組み立て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317781970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。