2013年01月09日

表面板と側板の接合

ネックのヒール部に側板を差し込むスペイン式で組み立てますが、この写真の様にクサビを打ちこんで固定します。これは我が師ロマニーリョスに教わった方式です。
このとき、どの面に接着剤を塗るかという選択肢がありますが、今回はすべての面に塗りました。
craftm_HLO.JPG


表面板と側板とは小さな駒(ペオネスと呼んでいます)で接合します。
ペオネスの材料・形・寸法・並べ方は、音に対して少なからず作用します。
今回は少し軽目のマホガニーを使いました。木目の方向は側板に並行です。
craftm_PNO.JPG


一方、裏板はセンター飾りを入れました。センターの材はサッチーネです。
そして、ピンクのパーフリング! 生徒さんは、なかなかのセンスをしていらっしゃします。
crfatm_BKO.JPG




posted by maru at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 組み立て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。