2012年09月10日

ベンディングマシンの製作

LMI社のヒートブランケットを熱源としたベンディングマシンを作ります。
モールド(ボディの型及び上からの押え)にはいつものように30mm厚のシナランバーコア材を使用します。

<主な仕様>
1.LMI社の温度コントローラを収納できる
2.モールドのみを新作するだけで型変更に容易に対応できる
   その際、ジャンボアコギからソプラノウクレレまでOKとする(生徒さんの要望)

 
▼CG  左:クラシックギター  右:ソプラノウクレレ
        (バネ張力によるクランパーは図示していません)
Gt_Uke_20120910_m.jpg



▼上のCGの元図面    左:陰線処理  右:そのまま正味の図
Gt_Uke_20120910_mm.jpg


☆このマシン、生徒さんでも十分作れるのですが事情により私が作ってさしあげることになりました。




posted by maru at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 治具・道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/291539769

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。