2012年08月15日

ソレラと外型枠の製作

工法はおおむね伝統的なスペイン方式に則ります。

craftm_mc_sr.JPGまずは、ソレラと呼ばれるギターの製作台と、その上にのせる外型枠を作ります。

ソレラのブリッジの位置を中心に3〜4mmほど球面状に抉り(えぐり)ます。使う道具は、四方反り鉋、反り鉋、スクレーパ、サンダー。この凹面の上で力木を貼ることによってギターの表面板をドーム状に膨らませることができます。
ソレラ上部のネック/指板と接する部分は、上端にいくほど下がるようにスロープにしています。これはネックの仕込み角度をつけるためです。今回は先端で3mmとしましたが、適当な薄板を挟むことによって角度の調整は可能です。
ソレラには24mm厚のシナのランバーコア材を使いました。広い板にしては狂いが少なく、加工もしやすい材料です。ギターに接する面にはキズや汚れを防止するために厚めに塗装しています。

外型枠は30mm厚のシナランバーコアを2枚重ねで作っています。バンドソーでアウトラインをカットしてスピンドルサンダーで仕上げました。ソレラにはM10のボルトで固定します。ランバーコアを2枚重ねして加工するとき、またソレラに位置決めしてこれと一緒に穴をあけるときに役立つのが「両面テープ」です。

ソレラも外型枠も生徒さんの作品です。ボディのテンプレートはご希望でホセ・ロマニリョス。

右に見えているのは、今回の表面板です。これについては次回・・・・




posted by maru at 14:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 治具・道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日の製作教室のとき、生徒さん(大西さん)のギター演奏の録音を聴かせていただきました。
私の大好きなソルの第7幻想曲やグラン・ソロをはじめ、ロボスのエチュードシリ−ズなどなど大曲・難曲ばかりでした。
もはや私なんかが批評するレベルをはるかに超えた上級者の演奏でした。それを承知で申し上げれば、曲の流れ方が素晴らしくて、しかも端正で上品でした。
Posted by maru at 2012年08月15日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。