2012年07月29日

材料とロゼッタの埋め込み

材料は生徒さんの持ち込みです。ウクレレに限らずギターの材料も昔から集めておられたようです。私も知らなかった材料屋さんもご存知で逆に勉強させてもらいました。
そのうちのいくつかの中から、二人でセレクトしたのが下の写真です。
写真上から、ホンジュラスマホガニー(裏板ブレイシング、ライニング、ペオネス用)、白いのはスプルースの表板ブレイシング材、そしてインディアンローズのサイド・バック材、いちばん下がネック用のセドロ材です。
P1070550.jpg




▼表面板は米杉(ウエスタン・レッド・シーダー)  これ一級品です
ロゼッタ(市販品)を埋め込みました。このサークルカッターは弊作品ですが、頼りになります。
大西さんもこれを自作したいとのことでカメラに収めていました。
P1070546.jpg



▼サークルカッターを使っているところを撮り忘れたので、過去の写真でも載せておきます
rose_for_daiwa_0808.jpg

craftm_ccj1.jpg

posted by maru at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 響板製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。